ユアサ矯正歯科

診療内容

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは透明なマウスピースを口にはめ、段階的にマウスピースを交換しながら徐々に歯を移動させる治療方法です。歯の移動が大きい場合は表側・裏側矯正を併用して治療を行います。マウスピースは透明で見た目を気にすることなく治療を行うことができます。取り外し式なので、好きな時間に洗浄でき、日常生活を送る上で痛い、歯が磨きづらい等のデメリットはありません。装置の取り付けは患者様に一任されるため、装置を付ける時間が短いもしくはつけない期間があった場合は治療にかかる期間が長引く場合があります。

マウスピース型 矯正歯科装置(インビザライン)

世界で300万人以上に支持があるマウスピース矯正です。全世界のデータを集積しているため対応できる症例幅が広く、マウスピース矯正のなかでも難症例にも対応できるなど、高い実績が確認されています。 3次元シミュレーションソフトで歯の動きを確認し3Dプリンタで作製します。マウスピースは1日20時間装着し、約1〜2週間ごとに交換します。
マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)完成物は医療機器法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

マウスピース型 矯正歯科装置(インビザライン)は通院が負担になりません

マウスピースを作製する際は、治療開始時に歯型を採ります。マウスピース型矯正歯科装置以外のシステムの場合、約2~3週間のペースで来院し、段階に歯型を採り、新しいマウスピースを作製しますが、マウスピース型矯正歯科装置は初回の型採りで全てのマウスピースを作製することができます。基本的には1回歯型を採って、3次元画像化技術とCAD/CAM技術により各ステージのマウスピースをまとめて作製しお渡しします。そのため来院回数を6~8週間に1回のペースにまで減らすことができます。

マウスピース型 矯正歯科装置(アソアライナー)

材料の弾性を矯正力として利用し、必要な部位に力を加えることで歯を移動させます。通常約1ヵ月に一度の間隔で歯型を採りマウスピースを製作します。一ヶ月を1サイクルとし、厚みの違う3種類(ソフト0.5mm、ミディアム0.6mm 、ハード0.8mm)のマウスピースを10日ごとに交換し矯正力をコントロールします。マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)とは違い適応症例が限定されています。マウスピース型矯正歯科装置は前歯部の歯列矯正で奥歯の咬み合わせに問題がない場合と矯正治療後の後戻りの治療の場合などに適応の装置です。

段階ごとに型採りし精度の高い治療を

マウスピース矯正は、一つのマウスピースで移動できる歯の移動量に限りがあります(最大で約1mm)。そのため適切な位置へ歯を移動させるまでに数段階のマウスピースが必要となります。マウスピース型矯正歯科装置は次の段階へ移行するごとに型採りが必要になります。この点は患者様の負担になりますが、段階が上がるごとにそのとき最適な型をとることができるので誤差の少ない精度の高い治療を行うことができます。

診療内容

当院について

PCサイトへ