院長コラム

Close

マウスピース型矯正装置( インビザライン)

現在、矯正装置にもいろいろな種類があります。
固定式で表側に装着する装置、裏側に装着し表からは見えない装置、
そして現在では、取り外しが可能で目立ちにくいマウスピース型の矯正装置です。

その中も、マウスピース型の矯正装置は、これらの中では一番新しい矯正装置です。
この装置の代表例としてインビザラインシステムがあります。


これは患者さんひとりひとりのためにカスタムオーダーで作成される矯正装置です。
矯正医が専用のソフトウェアにて3Dシミュレーションをアライン社とインターネットを通じてやりとりし最終的な治療計画を立案します。
治療計画が決定された後は、光造形技術にてその計画を正確に実行するためのアライナーと呼ばれる透明な可撤式装置が作成されます。
治療ゴールに向けて歯の移動をアライナーによって段階的に行います。治療の難易度(歯の移動の量)によって交換するアライナーの総数(治療期間)が決定します。
このアライナーは1週間から2週間ごとに交換し、1日20時間以上装着します。

アライナー製造までの流れ
1.患者さんの歯型を3Dスキャナーにて記録します。このスキャンデータのほかにレントゲン、写真などの資料とこちらで作成した治療計画をインターネット経由にて、アライン社に送信します。数日後にアライン社より作成された治療計画ファイルが返信されてきます。この作成された治療計画をオンライン上で矯正医とアライン社で検討、修正し、最終的な治療計画が決定されます。
2.治療計画が決定すると、それを再現するための各ステージごとの光造形モデル(模型)が作製されます。この光造形モデルにしたがい、治療開始から治療完了までの一連のアライナー群が作製され、アライン社からクリニックへ出荷されます。
3.到着したアライナーは矯正医から患者さんに渡されて治療の開始となります。治療計画に沿いながら、次の来院時までに決められた枚数のアライナーを使用し歯を移動させていきます。患者さんは最低1日20時間以上、各アライナーを装着します。

インビザラインシステムのメリット
1.透明感があり目立ちにくい
2.食事、歯磨き時に取り外しができるので治療中の口腔内の健康を維持しやすい
3.不快感が少ない
4.3Dデータにより治療後の変化を事前に確認できる。

インビザラインシステムのデメリット
1.きちんと装着時間などを守らないと治療期間が延びてしまう。
2.歯の移動に関して不得手な移動様式がある。
3.アライナーのみでは補いきれない場合は、補助的な装置の装着が必要な場合がある。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)にはデメリットももちろんありますが、患者さんにとってはメリットのほうが大きく感じられるものかもしれませんので、矯正治療の方法としての選択肢の一つになるのではないでしょうか?