院長コラム

Close

後戻りを防ぐ / 保定治療について

矯正治療は装置が外れたら治療終了ではありません。
治療の最終目標は、機能的で審美的なかみ合わせを確立し、それを長期に渡り維持することです。矯正治療によって移動した歯は元に戻ろうとする傾向があり、この現象を後戻りといいます。
この後戻りを防ぐためにリテーナー(保定装置)で維持させる期間が必要です。この期間を保定期間といいます。
なぜこの保定期間が必要なのかには理由があります。
歯を支える歯周組織は変化しにくく、歯が移動した後も歯をもとの位置に戻そうとします。そのため、これらの歯周組織にも移動した部位に歯をとどめさせることを記憶させる時間が必要となります。歯周組織に新しい位置を記憶させるには時間がかかるため、リテーナーを使用して歯を正しい位置にとどめておくことが必要となるのです。

リテーナーの種類には大きく分けて2つの種類があります。
可撤式リテーナー
可撤式のリテーナーは取り外しができるのが特徴です。外側のワイヤーで歯を抑え、内側のプラスチックで歯茎を抑えるもの(ベッグタイプリテーナー)や、歯列全体を透明なマウスピースで覆うタイプ(インビジブルリテーナー)があります。


ベッグタイプリテーナーは咬合面を覆わないので、咬合や筋肉に対し自然な環境が得られます。しかし外側のワイヤーが審美的に問題となる場合があります。インビジブルリテーナーは素材が透明なので審美的に優れています。ただ咬合面も覆ってしまうために咬合力を保定に利用できないといった側面があります。
可撤式は取り外せるメリットもありますが、装着のわずらわしさといったデメリットもあります。
固定式リテーナー
歯に直接ワイヤーを張り付けて固定する方法です。主に犬歯から犬歯にかけて行うことが多いです。特に下顎の前歯は後戻りがしやすい部分なので、この方法を使用します。
固定式リテーナーは装着のわずらわしさはありませんが、外れてしまった場合に気づきにくいといった問題点や、固定している針金周囲に汚れが溜まりやすいため、日ごろの丁寧な歯磨き、定期的な歯科医院でのクリーニングが必要となります。

保定期間中のリテーナーの使用時間は患者さんによって異なりますが、矯正装置を外したばかりのころは基本的には24時間(食事と歯磨き以外の時間)の使用が良いとされています。半年から1年が経過したころから徐々にリテーナーの装着時間を減らしていき最終的に使用をなくすことになります。リテーナーを使用しなくてよくなった時が保定期間の終了となり、矯正治療の完了となります。