院長コラム

Close

部分矯正について

部分矯正では、口腔疾患をコントロールをしやすくしたり、歯科修復治療を行いやすくするために、限局した部位のみで歯の移動を行います。一般的に全顎で行う矯正治療よりも期間は短く、費用も抑えられる傾向があります。

 

部分矯正の目的は

叢生を改善することで口腔内の衛生管理を容易にし、健康状態を改善する。

結果として審美的な改善。歯の移動によって修復処置を行いやすくする。

といったことです。

具体例としては

前歯の凸凹を排列する、倒れている奥歯を起こす、部分的な反対咬合を改善する、修復処置を行いやすくするために短い歯根を挺出させるなど、です。

前歯の凸凹だけが気になる、1部分だけの突出や反対咬合などが部分矯正で治療できる可能性があります。

部分的な治療は、気になる部分のみ治したい、治療期間は短くしたい、費用を抑えたいといった場合に向いていると思います。

 

部分矯正を行う際には、通常の矯正治療と同様に歯周疾患をコントロールする必要があります。歯周組織に炎症がある状態で歯に力を加えた場合、歯周組織に大きなダメージを与えることになります。また歯を支える骨の量が少なかったり、歯肉に適度の量と厚みがないと、歯肉退縮といったリスクが伴います。

 

部分矯正を行う際には、目的とした部分の歯のみを移動させ、それ以外の部分は移動させないための配慮が必要です。そのためマルチブラケット装置だけではなく、補助的な装置が必要とされる場合があります。

また、場合によっては全顎的な治療よりも難しくなる場合もありますので、

部分矯正が可能か、そして適切かどうかの判断が必要となります。

 

部分矯正治療では適応できる条件があり

まずひとつが、奥歯のかみ合わせが悪くないこと

二つ目が凸凹や隙間があってもそれが1部分のみでその他の部位には比較的問題が少ない場合です。奥歯のかみ合わせにズレがある場合、凸凹を改善した場合には出っ歯になったり受け口になってしまうといった可能性があります。そして奥歯のかみ合わせにズレがあり、凸凹や隙間が1部分以上だと部分矯正では困難となりますので全顎的な矯正治療が適応となります。しかし、治療可能な条件を満たしていれば、部分矯正治療では表側はもちろん、裏側やマウスピースといった矯正装置も使用することが可能です。

部分矯正が可能かどうかの条件は厳しいかもしれませんが、可能な条件を満たしているのであれば、患者さんにとってはメリットは多いので、治療の選択肢の一つのになるのではないでしょうか。